和歌山、南大阪の蜂駆除はエイトにお任せください。
弊社ホームページはこちらから  ⇓⇓⇓
   
ハチ駆除 エイト      


にほんブログ村

趣味のブログはこちら⇓ 最近更新していませんm(^^)m        和歌山の淡水魚、虫たち  


対応地域

和歌山市 海南市 岩出市

紀の川市 橋本市 有田市

御坊市 紀美野町 九度山町

かつらぎ町 高野町 湯浅町

広川町 有田川町 美浜町

日高町 日高川町 由良町

印南町 みなべ町


スズメバチ樹脂標本
お子様に大好評です。
駆除依頼いただいた方に、無料でプレゼント中。
制作個数に限りがありますので、個数限定、期間限定になります。
ご希望の方は、必ず注文時にお伝えください。


プロフィール
すずめばち
すずめばち
南大阪、和歌山でハチバスターズしています。
和歌山市を中心に年間150件ほどの蜂の駆除をさせていただいています。
スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等、蜂でお困りの方はお気軽にお電話ください。
和歌山で個人事業者様、中小企業者様で、自社でホームページを作成または管理されている方がおられましたら、ホームページの活用について意見交換しませんか?
< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2017年05月14日

蜂の巣を作らせない方法

よく駆除の依頼を頂いたお客様から、蜂の巣を作らせない方法はないですか?と質問されますが、結論から先に言いま
すと、自分の敷地内で完璧に蜂に巣を作らせないようにする方法はないといえます。
忌避効果のある、蜂駆除スプレーを作られたくないところに散布することによってある程度の予防はできると思われます。
一番の解決策は、蜂が巣を作り始めるこの時期に、周囲を見回り早期に巣を発見することです。
個人のお客様で、依頼の多いアシナガバチとコガタスズメバチは、5月の今の時期に、外部に巣を作り始めますので、
この時期に建物や庭木のチェックをされることをお勧めします。
蜂が苦手な方や、ご自分で駆除されるのは不安な方は、お気軽にご相談ください


2017年5月
和歌山市関戸でコガタスズメバチの駆除をさせていただきました。

2017年5月
和歌山市六十谷でアシナガバチの駆除をさせていただきました。

[蜂駆除エイト]
和歌山市内で蜂駆除を専門にしています。
シーズン中は、和歌山市、海南市、岩出市、和泉市、岸和田市、泉佐野市、貝塚市、熊取町、阪南市、泉南市、岬町及び周辺地域を駆けまわっております。 ミツバチからアシナガバチ、スズメバチ、蜂駆除の事ならどんな案件でもお任せください。
高所作業、室内作業等、他社では断られることもある困難な駆除作業も引き受けます。
[HP]  http://8kujyo.com
[youtube] https://youtu.be/t0Su3M8o2Wk   


Posted by すずめばち at 00:26スズメバチ駆除

2016年10月01日

モンスズメバチ駆除 海南市 2016-9

10月に入り、蜂の駆除依頼も終盤になってきましたが、終盤はスズメバチの巨大な巣の駆除依頼が多くなってきます。
今回紹介するのは、モンスズメバチです。
このモンスズメバチは閉鎖的空間に巣を作り、スペースがなくなると天井までも破って巣を広げようとするので、一度天井裏などに巣を作られると大変です。

押し入れから屋根裏をのぞいてみると、いきなり真上にモンスズメバチの巣がありました。
よく見ると隣にまだ巨大な巣があります。写真に写っているのが分かるでしょうか?
これはキイロスズメバチの巣で、昨年使われていた巣のようです。
どちらも壁についている換気口の隙間から侵入し、巣を作っていました。
弊社では再発防止のため、換気口の裏側から網を取り付け、再発防止策を施します。


[蜂駆除エイト]
和歌山、泉南地域で蜂駆除業をしています。
ミツバチからアシナガバチ、スズメバチまで、蜂駆除の事ならどんな案件でもお任せください。
高所作業、室内作業等、他社では断られることもある作業も引き受けます。
[HP]  http://8kujyo.com
[youtube] https://youtu.be/t0Su3M8o2Wk  


Posted by すずめばち at 10:19スズメバチ駆除

2016年09月26日

和歌山駅前でキイロスズメバチ駆除

地元でニュースになってもいいような内容です。
キイロスズメバチというと、先日岐阜県のマラソン大会で115人もの方が刺された種類です。
今の時期の大きな巣は 50センチを超えてきます。
キイロスズメバチは通常山間部に多く、今までの和歌山市内の駆除依頼も、ほとんどが山の近くの住宅街です。
今回の内容は、部屋の中に蜂が入ってくるので調査してほしいとの依頼でした、場所は和歌山駅のすぐ近く。
通常、お客様の住所と状況を聞けば、大体の蜂の種類を想定できるのですが、今回は分からずとりあえず調査に伺って
個体を確認すると、なんとキイロスズメバチでした。
たまたま飛来してきたのかもと思いましたが、何匹も入ってきているということで巣があることが疑われます、外部を調査していると、電気の配線部の隙間から、キイロスズメバチの侵入していくところを発見することが出来ました。
蜂が餌をもってかえってきているので、巣があることは間違いありません。
そして壁を少し開口すると、キイロスズメバチの巣を発見することが出来ました。

なんと、大きさは15センチ程度で、この時期としては異常に小さなサイズの巣でした。
街中で餌が少なく巣を大きくできなかったのでしょうかね。
キイロスズメバチの生命力に驚かされました。
注)コガタスズメバチは、普通に和歌山駅周辺でも駆除依頼はあります。


[蜂駆除エイト]
和歌山、泉南地域で蜂駆除業をしています。
ミツバチからアシナガバチ、スズメバチまで、蜂駆除の事ならどんな案件でもお任せください。
高所作業、室内作業等、他社では断られることもある作業も引き受けます。
[HP]  http://8kujyo.com
[youtube] https://youtu.be/t0Su3M8o2Wk   


Posted by すずめばち at 22:39スズメバチ駆除

2016年09月25日

オオスズメバチ駆除 阪南市 2016-9

オオスズメバチは自然度の高い土の中の空間に巣を作るため、駆除依頼は少ないのですが、人の通る道路沿いに巣を作っていると駆除した方が安全です。
土の中といっても、切り株の根っこなどを利用し、巣穴を拡大していくため、巣の取り出しは困難です。
巣の取り出しができないと、土に埋めただけでは、戻り蜂や蛹が成虫になったりすると、土を掘り起こし活動を再開する
こともあります。
そのため可能な限り巣の取り出しを行います。(巨木の空洞の中の巣など一部取り出せない場合はあります)

今回の案件は入り口から50センチぐらいの位置に巣を見つけることが出来ました。
掘り出している間にも、出かけていた蜂は戻ってくるので、注意が必要です。



35cmぐらいの巣で、幼虫や蛹がいっぱいでした。
オオスズメバチは、他の種類の蜂より活動時期が遅いので、11月頃まで巣を大きくします。
一番下中央の蜂は、この巣の女王蜂で、5センチくらいの大きさです。


[蜂駆除エイト]
和歌山、泉南地域で蜂駆除業をしています。
ミツバチからアシナガバチ、スズメバチまで、蜂駆除の事ならどんな案件でもお任せください。
高所作業、室内作業等、他社では断られることもある作業も引き受けます。
[HP]  http://8kujyo.com
[youtube] https://youtu.be/t0Su3M8o2Wk   


Posted by すずめばち at 22:36スズメバチ駆除

2016年09月19日

お墓の中のスズメバチ 2016-9

今の時期、お墓参りに行かれる方も多いかと思いますが、墓石の中にミツバチやスズメバチが巣を作って困っている
という依頼は年に数回いただきます。
今年度もミツバチ2件と、昨日はモンスズメバチが巣を作っている案件に対応してきました。

どういう状況かといいますと、墓石の前に置いている水鉢花立と墓石の間に隙間があり、そこから蜂が、墓石の中に入り込むのです。
お骨を入れているスペースは、結構広いので、そこにミツバチやスズメバチが巣を作ってしまうことがあります。
巣を作られると大変なので、お墓参りに行かれた時は、ぜひ一度、水鉢花立と墓石の間をチェックしてみてください。
1㎝ほどの隙間でも、蜂は巣を作ってしまいますので、パッキン等でスペースを詰めて予防することも大事です。

駆除も大変ですが、巣を取り除く作業も大変なため、そういう依頼を断る業者もたくさん存在します。
もちろん弊社では対応しているので、「蜂の困った」があればお気軽にご相談ください。

[蜂駆除エイト]
和歌山、泉南地域で蜂駆除業をしています。
ミツバチからアシナガバチ、スズメバチまで、蜂駆除の事ならどんな案件でもお任せください。
高所作業、室内作業等、他社では断られることもある作業も引き受けます。
[HP]  http://8kujyo.com
[youtube] https://youtu.be/t0Su3M8o2Wkbr
  


Posted by すずめばち at 10:11スズメバチ駆除

2016年09月13日

コガタスズメバチの巣が二個! 2016-9

本日は雨降りでしたが、いつものようにスズメバチの駆除に出かけました。
現場についてみると、コガタスズメバチの巣で30cm程の巣が出来ていました。
順調に育った巣のコガタスズメバチの働き蜂は、初期の頃よりも大きくなってくるので、飛行している姿を見ると
オオスズメバチのように大きく恐怖を感じます。
予定通り蜂の巣を駆除し、戻り蜂の駆除にかかりましたが、なかなか数が減りませんでした。
不思議に思い周辺を調べてみると、なんと2メートルほどの距離にもう一つコガタスズメバチの巣があり出入りしています。
通常は、同種であっても巣ごとの集団になっているため、よそ者が巣に入ろうとしたり近づいたりすると侵入者と判断し
攻撃されます。
非常に珍しい事例だと思います。
ちなみにキイロスズメバチの場合、二つの巣が並んでいる事がよくありますが、そのほとんどは昨年の空巣と今年の巣
(活動している巣)になります。

左の巣は、イバラの中にあったので外皮は取れてしまいました。下はアシナガバチの空巣。


にほんブログ村に参加しました、よろしくお願いします。

  



Posted by すずめばち at 22:20スズメバチ駆除

2016年09月12日

アシナガバチ駆除 2016-9

ようやく朝夕が涼しい季節になってきました。
蜂駆除の仕事をしていると季節の移りかわりを身近に感じます。
この時期のアシナガバチは、子育てもほぼ終了し、巣から離れて固まっている場合も多くなってきます。


こちらは まだ巣に残っているアシナガバチの巣でした。
折り重なるように固まっていて、これで100匹以上はいます。
スズメバチのように殻に覆われていないため、下手に駆除すると一気に飛び出し逃げてしまうので、逃げ出さないように
駆除するのは、意外と難しいのです。


非常に珍しいキボシアシナガバチの駆除依頼がありました。
1年に1件あるかどうかです。
巣は独特の色をしています。
個人的には「幸せの黄色いハ○○チ」だと思っています。

  


Posted by すずめばち at 23:11スズメバチ駆除

2016年09月06日

モンスズメバチ駆除 2016-9

9月に入り、スズメバチが一番危険な時期になってきました。
今回紹介するのはモンスズメバチになります。
この種類は閉鎖的空間に巣を作るので、ちょっと厄介な種類になります。


庇の奥からモンスズメバチが出入りしています。
巣の模様も写真から確認できると思います。
この事から、庇のわずかな空間に巣を作っていることが想定できます。


軒下はモルタル仕上げでしたので、軒先の板を外す事にしました。
そこにはスペースいっぱいに巣が入っていました。

たくさんのモンスズメバチが外部で動き回っていたのは、内部の巣が手狭になってきたので、外部にも巣を広げようしていたのかもしれません。

スズメバチにも種類があり、それぞれの駆除方法が違ってきます。
スズメバチ駆除はエイトにお任せください。   


Posted by すずめばち at 10:12スズメバチ駆除

2016年08月17日

引っ越し途中のキイロスズメバチ 2016-8

キイロスズメバチは、この時期に巣の引っ越しをする場合があります。
巣の作り始めは、閉鎖的空間に巣を作りそこに十分なスペースがあればそのまま巣を大きくさせますが、スペースが十分でない場合は外部の開放的空間に引っ越してきます。
今がその時期で、この場合は巣を駆除しても、元の巣に女王蜂や働き蜂が残っているため、また巣を作り出す場合があります。
今回の事例はそれに当たります。



この時期の巣にしては小さく、あっという間に巣が出来たとのことで、巣を見ても幼虫や卵が入っていません。
引っ越し途中の巣であることが、分かります。
また作られないように、スプレーを多めにしておきましたが・・・

二日後、また作り始めたとの連絡をいただきました。
女王蜂が引っ越してこないと、またまた再発する可能性もあるため、1週間待って頂き再び駆除してきました。




引っ越し途中の巣は、わずか10日でこれだけ大きくなります。
巣には女王蜂も引っ越してきており、すでに巣には幼虫と卵が入っていました。


弊社では事前の状況説明もさせていただいた上、再発の場合は無料で駆除させていただいておりますのでご安心ください。
  


Posted by すずめばち at 09:36スズメバチ駆除

2016年08月06日

変わった形のコガタスズメバチの巣 2016-8

8月に入ってから、コガタスズメバチに刺されたので駆除してほしいとの依頼が続きました。
コガタスズメバチは、他のスズメバチと比べておとなしい種類ですが、気づかずに巣を触れたりしてしまうと、一斉に巣から飛び出し、襲ってきます。特に庭木の手入れをしている時に、刺されることが多くなっています。
これからの季節は、個体数も多くなり危険になってきます。ご注意ください。
コガタスズメバチの巣は、初期にはフラスコ瓶をひっくり返した形状をしていますが、働き蜂が生まれてくると球状の巣に
変化してきます。


先日駆除させていただいた巣は、変わった形をしていましたので紹介させていただきます。


初期の巣をそのまま大きくしたような巣でした、この時期のこんな巣は非常に珍しい巣でした。
初期の巣はおそらく敵からの侵入を防ぐために進化したものだと思われますが、働き蜂が生まれてもこのような形状にするなんて、用心深いですね、進化型なのかもしれません?!   


Posted by すずめばち at 21:34スズメバチ駆除

2016年07月31日

キイロスズメバチ駆除 2016-7

7月も終盤になり、キイロスズメバチの駆除依頼が多くなってきました。
キイロスズメバチはスズメバチの種類の中で最大の巣を作り、巣に近づくと攻撃してくるので危険です。
また閉鎖的空間に巣を作ることも多く、巣の位置を把握し的確に巣を駆除するためには、経験が必要になってきます。




天井裏に巣を作っていました、昔の作りの家で、天井裏とは仕切が少なく夜明かりをつけると明かりに飛んでくるように
なったので、駆除してほしいとの依頼がありました。
大きさは35㎝程度でキイロスズメバチの巣は、まだまだ大きくなってきます。






橋脚を保守点検されている企業様からの依頼で、駆除させていただきました。
キイロスズメバチは、こういった開放的空間にも巣を作ることがあります。
また引っ越しをすることによって、巣を巨大化していく特徴も兼ね備えています。






壁の間に見事に巣を作っていました。
巣の位置は予定通りの所にあり、最小限の開口で駆除することが出来ました。
スズメバチの巣は、単年しか使われないので、昨年度の巣もきれいにi隣に整列していました。
スズメバチにとっての環境が良ければ、翌年もすぐ近くに巣を作ることがあります。



キイロスズメバチの駆除は、経験と知識がなければ、ピンポイントで駆除することが出来ません。
特に閉鎖的空間の巣の駆除は、どの業者でもできるようなものではありません。もちろん価格も重要ですが、
そういった駆除でも 安心して任せられるのかを判断されたうえで依頼されることをお勧めします。   


Posted by すずめばち at 11:33スズメバチ駆除

2016年07月05日

コガタスズメバチ駆除 2016-7

今年は例年以上にコガタスズメバチの駆除依頼が多いようです。
7月に入り、コガタスズメバチの巣も大きくなってきました。
今回依頼いただいたお客様は、蜂の子を食べてみたいということだったので、スプレーを使わずに駆除することになりました。
状況により難しいこともありますが、無事に巣を取り出すことに成功しました。

  


Posted by すずめばち at 21:10スズメバチ駆除

2016年06月11日

コガタスズメバチ駆除 2016-6

昨日はコガタスズメバチの駆除に行かせていただきました。
この時期のコガタスズメバチは、いよいよ働き蜂も羽化して、巣作りに協力するようになってきます。
女王蜂は産卵に集中するので、これからは日増しに巣が大きくなってきます。

こちらは5月22日に駆除させていただいたコガタスズメバチの巣です。
働き蜂が生まれてくると、巣の形状がこちらから上の写真のように変化します。

アシナガバチの駆除依頼もたくさんいただいております、ご自分で駆除されるのが難しい場合はお気軽にお問い合わせください。  


Posted by すずめばち at 11:03スズメバチ駆除

2016年05月17日

コガタスズメバチ駆除 2016-5

今年度も、ゴールデンウイークを過ぎたあたりから、蜂駆除の依頼が入ってきました。
スズメバチの駆除依頼も入ってきています。
この時期のコガタスズメバチの巣は独特の形状をしています。
ここから働き蜂が出てきますと急速に巣を大きくするので、今の時期に家の周りを点検されることをお勧めします。


二件とも和歌山市のお客様からのご依頼でした。   


Posted by すずめばち at 20:49スズメバチ駆除

2015年11月10日

11月のスズメバチ駆除

今年は秋になっても、暖かい日が多いためか、11月に入ってもスズメバチ駆除の依頼が入ってきます。
さすがに11月になってくると数は少なくなってきますが、キイロスズメバチとオオスズメバチは元気に飛び回っています。
この時期の駆除は、来年度の新女王蜂の拡散防止になりますので、来年度の予防にもなります。



キイロスズメバチが橋の下に巣を作っていました、毎年のように巣を作っているみたいで、左が生きている巣で、右が昨年の巣でした。
手前に、昨年以前の巣の跡も確認できます、巣の大きさは50cm近くありました。



昨日駆除させていただいたオオスズメバチの駆除の写真です。
オオスズメバチは、地中の空洞などを利用して巣を作り、土など邪魔になるものは、出口下に掘り出しています。

まだまだ数も多く、働き蜂、雄蜂、新女王蜂がどんどん出てきました。

掘り出した巣です。新女王蜂の巣穴は大きいもので15ミリほどの大きさがあります。
  


Posted by すずめばち at 22:20スズメバチ駆除

2015年09月23日

コガタスズメバチ駆除 2015-9

9月になってくると、コガタスズメバチの巣も順調に大きくなった巣は30㎝を超えてきます。
庭木に作ることが多いので気付かずに刺されることが多くあります。




コガタスズメバチにしては珍しく二階の三角部分に巣を作っていました。
和歌山市の中心部なのですが・・・コガタスズメバチは街中にも生息しています。  


Posted by すずめばち at 08:12スズメバチ駆除

2015年09月20日

スズメバチの室内駆除 2015-9

9月前半は過酷なスズメバチの室内駆除が続きました。
室内に巣を作る種類は、キイロスズメバチ、モンスズメバチ、ヒメスズメバチがあります。
また巣を作る特徴がそれぞれ異なります。
①キイロスズメバチ
キイロスズメバチは、最大級の巣を作りますが、室内でも広い場所に作ることが多く、押し入れの天井などから入っていき駆除できる場合が多い。
②モンスズメバチ
室内への侵入口からすぐ巣を作り始め、狭いスペースでも縦横へと巣を拡大していく。
③ヒメスズメバチ
室内への侵入口から離れた位置に巣を作ることも多く、侵入口から2m以上離れていることもあり、巣の発見は困難。

危険度         キイロスズメバチ>モンスズメバチ>ヒメスズメバチ
巣の発見の難しさ  ヒメスズメバチ>モンスズメバチ>キイロスズメバチ



先日駆除させていただいた海南市下津町のお客様のお宅に作っていたモンスズメバチの巣です。
押し入れ等から入れなく、巣の位置を確認できないので、点検口を開口し駆除させていただきました。
そのような場合、的確に巣の位置を把握し、点検口をつける必要があります。
スズメバチの駆除は、蜂の知識が豊富な当社にお任せください。
  


Posted by すずめばち at 09:03スズメバチ駆除

2015年08月13日

窓ガラスにスズメバチの巣 2015-8

今月もたくさんの駆除依頼有難うございます。
非常に珍しい場所に巣を作っていたので、紹介させていただきます。
スズメバチの巣は、次第に大きくなっていく途中で、近くの障害物(木の枝や壁)に当たってもそれを包み込むように拡大していきます。
この巣は、何とガラス面にあたったものの、平気で拡大していったようです。


逆行になっているので見えにくいですが、巣の中の様子がはっきり見えることが出来ました。
私どもにとっては非常に興味がありますが、お客様は早く駆除してほしいことなので、室内から写真を撮らせていただいて、早速駆除させていただきました。   


Posted by すずめばち at 09:10スズメバチ駆除

2015年08月02日

キイロスズメバチ登場 2015-8

毎日暑い日が続きますね。
蜂駆除の最も忙しい8月がやってきました。
この時期になると、最大の大きさの巣を作るキイロスズメバチの駆除依頼が増えてきます。
また厄介な事に、室内にも巣を作ることがあるので、駆除は大変になります。

印南町のお客様から、二階妻部に巣が出来ているので駆除してほしいとの依頼を受けました。
駆除した巣は、まだ20㎝ほどでしたが、このまま成長していくと最大80㎝クラスにまで大きくなっていきますので、
発見されたら、このように早めの駆除されることをお勧めします。
  


Posted by すずめばち at 10:58スズメバチ駆除

2015年07月19日

コガタスズメバチ駆除 2015-7

台風も過ぎ去り、いよいよ夏が近づいてきました。
ズスメバチの方もこれから危険なシーズンが始まります。
先週から先々週にかけて、アシナガバチ、スズメバチの駆除依頼が多くなってきて、日々走り回っています。
コガタスズメバチが、家の軒裏に巣を作った案件が多かったので紹介させていただきます。

紀の川市のお客様からの依頼です。
コガタスズメバチにしては珍しく、二階の軒下に巣を作っていました。
カーポートの上で雨も降っていたので、危険な作業になりましたが、無事駆除することが出来ました。

泉佐野市のお客様から依頼をいただきました。
玄関近くですが、全く気付かなかったそうです。
軒下は人の目線に入りにくく、玄関上部でも大きくなるまで気づかないこともよくあります。

和歌山市のお客様から依頼をいただきました。
街中の方ですが、近くに林等があると進出して巣を作るようです。   


Posted by すずめばち at 09:09スズメバチ駆除